あきらめないで!ピアノが苦手な人も保育士になれる!

その昔、保育士の国家試験にピアノ実技は必須だった

「保育士」は、女性だけでなく、男性の間でも注目される人気の仕事ですよね。そのためには、子どもの成長や発達に即した指導ができる専門知識を身につける必要があります。また、保育の現場では、歌を歌ったり、絵本の読み聞かせをしたり、体を動かしたり、子どもとふれあい指導できるだけの技術も必要になってきますね。そのため、保育士の国家試験の実技にも、それらの科目が含まれていました。なかでも、「ピアノ実技」は、保育士試験に合格するための大きな障壁となってきました。保育士として働ける場はいろいろありますが、やはり、保育所への就職を考えた場合、ピアノが弾けることが条件になっていたのも無理からぬことかもしれませんね。

いまは、得意分野で実技試験をクリア!

保育所で働くには、ピアノが弾けることが条件とのイメージがありますね。そのため、「自分はピアノが苦手だから、保育士にはなれない」といって、保育士の夢を諦めてしまうのは、あまりにももったいない話ですよね。いまは、ピアノが弾けなくても、保育士の国家試験を受けることができるのです。なぜなら、実技試験は「音楽表現に関する技術」「造形表現に関する技術」「言語表現に関する技術」の3分野のうちから、2分野を選ぶことができるからです。極端な言い方ですが、ピアノが苦手な人は「音楽表現に関する技術」以外の2分野で国家試験に臨むことで、合格への道を突き進むことが可能になります。なお、「音楽表現に関する技術」を選ぶ場合、アコースティックギターやアコーディオンでの受験もできます。また、それらの楽器を使っての「弾き歌い」になることも知っておきましょう。

保育所に就職するとき、ピアノは?

ピアノが苦手な人が保育所へ就職する場合はどうなのでしょうか。結論からいうと、やはり、ピアノが弾けないよりは、弾けるほうが望ましいようです。というのは、子どもの前で生演奏をすることにより、子どもの興味の芽を大きく育てることが可能だからです。もちろん、高度な技術がなくても大丈夫です。それよりも、子どもが何気なく口ずさんだメロディーに伴奏付をするなど、そういった応用力が大切だと思われます。また、ピアノが苦手でも、絵本の読み聞かせや運動などでカバーすることができます。また、ほかの保育士さんとの連携により、それぞれの得意分野を活かすことも可能です。そのうえで、苦手な分野に積極的にチャレンジすることも大切ですので、ピアノに慣れ親しむように心掛けましょう。

女性の社会進出に伴い、保育園の需要はどんどん高まっているので、保育園での求人は売り手市場です。保育士の資格を持っていると有利です。