新卒での選考と転職での選考は大きく異なる

内定をもらう条件の違い

大学を卒業して新卒で会社に内定をもらえる条件と、転職の際に会社から内定をもらう条件は大きく異なります。そもそも新卒の場合は未経験であることが前提となっており、即戦力を求めているわけではありません。社会的なマナーや言葉遣いなどは入社後の研修で学ぶことが多く、転職の場合はそれらを身に着けていることが大前提である場合があり、さらには一定の技量や経験が求められます。つまいrは即戦力が求められているといえるのです。

選考の過程も大きく異なる

新卒の場合ですと会社によっても異なりますが、エントリーをし、エントリーシートを提出して通過した後にグループディスカッションなどの選考があり、一次面接、二次面接と段階を重ねることが多くありますが、転職の場合ですと履歴書を提出した後にすぐに面接となります。面接の回数も一度で終わる場合が多いのが特徴です。そのために自己アピールをする機会が少ないともいえるので、履歴書や職務経歴書の内容を充実させるのはもちろん、面接での立ち振る舞いも社会人としての教養を身に着けていることをアピールできるようにしなければなりません。

転職の場合ですと、前職を辞めた理由が肝になる

転職ということは前の会社を辞めていることになり、それはマイナスの印象を与えることになります。新たに入社する会社でもすぐに退職してしまうのではないか、という懸念や、何らかの欠点が組織に悪影響を及ぼすのではないかという不安を相手に抱かせてしまうためです。そのためにも納得のいく退職理由と、次の会社ではどのように働きたいのか、どうなりたいのかをきちんと理論立てて説明できるようでなければ、内定はなかなか得られないといえるでしょう。

営業職で転職を考えているなら、営業の転職サイトなら営業職に特化しているので、とても使いやすく閲覧しているだけでも参考になります。