介護が長続きするために!無理をしない介護のポイント

介護で無理をすることの危険とは?

認知症が進行し介護が必要になったとき、家族はこれまでの生活がしにくくなりますよね。仕事を休んだり、辞めたりしなければならなくなるケースもありますし、友だちとの外出もできにくくなりますね。介護に費やす時間が増えると、介護が生活の全てになりがちですよね。さらに、認知症の人を1人で介護している人は、自分の努力がだれにも、ことに今介護する親や配偶者に分かってもらえない虚しさなどから、深い孤独感に襲われることが少なくないようですよ。無理をする人ほど介護に疲れ、やがて介護放棄や虐待などの痛ましい結果を招きがちですよ。

自分を追い込まないテクニックを身につけよう!

介護に疲れないためには、相談相手を見つけることと自分のリズムを守ることが大切ですよ。親と同居する自分が主たる介護者であれば、別に住む兄弟たちに相談したり、グチをこぼしたり、必要ならいつでも介護に協力してもらうことですね。また、介護保険を利用すれば、ケアマネジャーやホームヘルパーなど介護の専門家に相談する機会が増えますよ。徘徊などが心配なら、近所の人に認知症のことを打ち明け、協力を仰ぐという方法もありますね。

介護者がラクになるために

介護者は、1日のリズムでいえば、昼間は体を動かして、夜ぐっすり睡眠をとるというリズムをつけるようにすれば、疲れもたまりにくくなりますよ。また1週間単位でリズムをつくるために、通所や訪問介護などのサービスを利用するようにすれば、自分自身も外出ができますから、精神的にもラクになりますよ。「土曜日はショッピングの日」などというような、自分だけのルールをつくっておくようにすると、介護も長続きするでしょう。

介護に就職するために必要な資格は求人情報の内容を確認し、今後の人生につながるように仕事を決めるきっかけにする必要があります。