社会人でも主婦でも目指せる!保育士免許取得の心得

どうしたら保育士になれる?

女性に人気の職業でもある保育士は、保育施設や学童保育などでの需要の高まりから、取得を目指している方も多いですよね。専門の養成学校で学び、指定された単位を取得すれば保育士免許を取得できます。また、養成学校に通わなくても、保育士試験に合格すれば保育士として勤務することができます。受験には、高校や中等教育学校卒業後に実務経験や、一般の大学での単位取得などの条件がある場合もあるので、各自、受験資格を満たしているか、確認をしておきましょう。

保育士試験の難易度ってどれくらい?

保育士試験は、合格率が10から20パーセントと、比較的難易度の高い試験です。しかし、受験者数は増加傾向にあり、保育士への関心の高さが伺えますよね。試験は一次のマークシート方式の筆記試験、一次試験の合格者のみが受験できる二次の実技試験という構成です。筆記試験は、福祉や心理、栄養などの計8科目から出題されますが、各科目で6割以上得点できれば合格です。実技試験は、音楽と造形、言語表現などから2つ選び、一次試験と同様に6割以上の得点で合格です。

どのように学習するのが効率的か

保育士になるための一番の近道は、専門の養成学校で学び、試験免除で免許を取得することと言われています。しかし、明確な目標を持って保育士試験に臨み、見事合格し保育士として活き活きと働いている方も増えていますよね。社会人からの保育士試験対策向けの、通信講座や通学講座を開設しているスクールは数多くあります。実技対策や添削が充実している講座もあるので、ライフスタイルや予算、口コミ情報を参考にして選びましょう。

東京はワーキングマザーの多い地域のため、認可外保育園も多く存在します。そのため、保育士を募集している保育園も多く、保育士の求人を東京で探すのは比較的簡単です。